日本語が通じることに驚き!台湾はとても旅がしやすかった

MENU

始めて行った台湾で驚いたのは、日本語が通じることでした。空港から台北の駅に到着し、ホテルに行く前に時間があったので駅近辺で荷物を預けてブラブラすることになっていたのですが、コインロッカーの前で係員の人に「使い方分かりますか?」と話しかけられ驚きました。普通の台湾人のおじさんでしたが、ニコニコと流ちょうに話していました。その時はたまたま話せる人に当たったと思っていたのですが、駅の近くのスタバの店員さんや、本屋さんのスタッフなど若い人たちに日本語が通じたので本当に驚きました。

 

出発前に台湾語の本まで買って緊張していたのですが、簡単な英語と日本語、そして台湾語のちゃんぽんで問題なく旅行ができました!また基本的に漢字が使われているので、お店の看板や行き先の地名などもある程度分かったのが良かったです。コンビニなども日本と同じで、ファミリーマートやセブンイレブンがあると何だかホッとしました。売っていものも、日本と同じものもあれば現地ならではの商品もあり、いろいろ面白くて買いまくってしまいました!

 

台湾は始めてでしたが、言葉の面も含めてとても旅がしやすかったです。バスの運転手さんやホテルのスタッフも皆親切で、日本とも相性が良い国であるということを実感しました。ぜひまた行ってみたいです。